置き場所について

鉢の胡蝶蘭胡蝶蘭をこれから育てるならば置き場所に注意してください。基本的には風通しが良い場所に起きましょう。また、光合成によって栄養を生み出す必要があるため、光にも当てる必要があります。ただし、光を当てすぎてしまうと枯れてしまう原因となってしまうでしょう。そのため、日焼けを起こしてしまわない程度に光が長時間当たるような場所に起きましょう。基本的に窓際は避けるべきです。あるいはレースのカーテンの前に置くという方法もあります。

季節によっても置き場所を工夫する必要があります。夏は気温が上がってしまう場所を避けるべきでしょう。逆に冬は暖かいところに置くべきです。時間帯によっても細かく置き場所を移動させると良いでしょう。暖房やクーラーについては、それが花を傷めてしまう可能性があるため注意しましょう。直接、風が当たらないようにしてください。室外に置くというケースがあるかもしれませんが、基本的には推奨できません。

また、水についてはたくさんあげすぎてしまうと枯れてしまいます。基本的には植え込みの部分の表面が乾いているときには水をやるようにしましょう。ただし、そのときの気温によって調整するべきです。

以上の点に気をつけてください。